義歯(入れ歯)でお悩みの方へ。西浦和駅前の歯科医院、さくら駅前歯科

義歯(入れ歯)

当院の義歯・入れ歯治療

義歯・入れ歯「痛い」「噛めない」「見栄えが悪い」と、義歯(入れ歯)の悩みは人様々です。

当院では、患者様のご要望やご希望を良くお聞きしたうえで、患者様それぞれに最も適した治療をご提案し、義歯を制作させて頂いております。


義歯の種類による違いとその特徴

義歯とは、自分の歯に代わる人工の歯を意味します。義歯を大別すると、全部床義歯(ご自身の歯が一本も残っていない)と、歯のない部分を補う部分床義歯(1本でもご自身の歯が残っている)に分類できます。

総義歯

金属床義歯

義歯の土台(ピンク色のプラスチックの部分)の一部を薄い金属プレートで製作する事により、頑丈で義歯の違和感が少ない義歯となります。

アセタル床義歯

義歯の土台(ピンク色のプラスチックの部分)の一部をピンク色の薄い樹脂で製作する事により、義歯の重量を軽減し、薄くて違和感の少ない義歯ができます。金属アレルギーの心配もありません。

レジン床義歯

義歯の土台となる部分が全てピンク色のプラスチックとなります。基本構造がプラスチックだけですと、強度に問題が発生する場合があります。そこで当院では、義歯の破損を防止する為に、ピンク色の義歯の土台となるプラスチック内に補強芯を埋め込んだ義歯構造としております。

ソフトベース義歯

「どうしても義歯があたって痛い」と言う患者様には、義歯の裏側を柔らかい素材で覆ったソフトベース義歯をお勧めしております。

部分義歯

金属床部分義歯

義歯の土台(ピンク色のプラスチックの部分)の一部を薄い金属プレートで製作する事により、頑丈で違和感の少ない義歯となります。

レジン床部分義歯

義歯の土台となる部分が全てピンク色のプラスチックとなります。基本構造がプラスチックだけですと、強度に問題が発生する場合があります。そこで当院では、義歯の破損を防止する為に、ピンク色の義歯の土台となるプラスチック内に補強芯を埋め込んだ義歯構造としております。

部分床義歯では、お口の中で義歯を維持・安定させる為に、どうしても針金のような金属のバネ(クラスプ)が必要になります。この金属のバネ=クラスプを審美的に目立たなくさせる義歯のタイプ(アタッチメント義歯、ホワイトクラスプ義歯、マグネット義歯、ノンクラスプ義歯)があります。

アタッチメント義歯

特殊な維持装置を残存歯と義歯に仕込むタイプとなります。クラスプが表側から見える事はありません。

ホワイトクラスプ義歯

ホワイトクラスプとは、クラスプに金属ではなく、熱可塑性レジンのアセタルを用いたクラスプのことです。白い色調で製作ができる為、審美的に優れたクラスプを作成する事ができます。

マグネット義歯

歯(歯根上部)にキーパーを、義歯に磁石(マグネット)を仕込み事により、磁石の力で義歯を維持させます。

ノンクラスプ義歯

義歯に金属のバネがある・ないの違いだけで、口元の見た目は大きく変わります。金属のバネがない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は、快適で自然な美しさのある入れ歯です。

上記に記した義歯は自費治療主体となりますが、当院では、健康保険適用の義歯治療も施術しております。詳しくはお問い合わせ下さい。

ページトップへ