自然な歯並び・噛み合わせを取り戻すインプラント治療について。西浦和駅前の歯科医院、さくら駅前歯科

インプラント

インプラント治療で、日常の楽しさを取り戻してみませんか?

歯の最も重要な役割は噛む事です。前歯は、食物を切り裂く機能と同時に発音機能と審美的な要素を併せ持ち、奥歯は食物を噛み砕きすりつぶす機能を持っています。歯というものはたった1本失っただけでも機能と審美が崩れ、心身の健康に悪影響を及ぼします。ですから、できるだけ早くその失った部分を人工の歯で補わなければなりません。

インプラント治療とは

インプラントインプラント治療は、歯がなくなったところの歯根にあたる部分に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療法です。

あごの骨にしっかりとし固定されるインプラント治療なら、まるで自分の歯のように食事をする事ができます。

また、見た目も自分の歯のように自然に仕上げる事ができるので、人前でも口元を気にせず食事や会話を楽しむ事ができます。

インプラント治療でも補綴物(ブリッジや入れ歯)はなくなりはしませんが、大きさが小さくなり、より自然で機能的なブリッジ・入れ歯にする事ができます。

インプラント治療は、このような方にお勧めします

  • 健康な歯を削るのがいやな人
  • 入れ歯が合わなくて悩んでいる人
  • 入れ歯ではなく、自然な歯並びをとり戻したい人

従来の治療とインプラント治療法との比較

歯が1本抜けた場合

従来の方法

ブリッジの支台とするために、両隣の歯を削らなければなりません。

インプラント治療

歯の抜けたところにインプラントを埋め込み、人口の歯を被せるので、両隣の歯を削ることはありません。

奥歯が数本抜けた場合

従来の方法

入れ歯を固定する金具などに異物感を感じたり、支えている歯に負担がかかることがあります。

インプラント治療

入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、また他の歯に負担をかけません。

歯が全部抜けた場合

従来の方法

入れ歯が口の中で動いてしまい、「噛みづらい」や「話しづらい」などの不便さを感じることがあります。

インプラント治療

インプラントにより、入れ歯をしっかりと固定できるので、入れ歯を気にせず食事や会話を楽しむことができます。

当院のインプラント治療

インプラント治療の流れ

一般的にインプラント治療は以下のように勧められます。

診査・診断、術前計画

ステップ1まずレントゲンなどによる十分な診査・診断を行い、治療の計画についてご説明を致します。

インプラント植立の手術

ステップ2歯が抜けた所へインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかりと固定されるまで 3~6カ月待ちます。

人工の歯の取り付け

ステップ3インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。インプラント治療後は、アフターケア・メンテナンスに移行します。

最も重要な事、メンテナンス

天然歯と同じように、インプラントにも良好な口腔衛生が必要になります。
当たり前の事ですが、インプラントには神経がありません。ですから感染が起こっても自覚がありません。グラグラ動いてきたり、膿が出はじめて気がつくのですが、こうなってからでは手遅れです。

良好な口腔衛生状態を保つ為には、毎日のブラッシングとフロッシング、定期的な検診(通常6ヶ月ごと)が必要不可欠です。治療後は必ず定期健診をお受け下さい。

ページトップへ