薄くて透明なマウスピースによる目立たない矯正歯科治療について。西浦和駅前の歯科医院、さくら駅前歯科

矯正歯科

「見えない」矯正を実現する次世代の透明マウスピース矯正

目立たない矯正歯科治療とは

目立たない矯正歯科治療に使用する矯正装置スターアラインは、薄い透明の樹脂で作成された取り外しが可能なマウスピース型の矯正装置です。

治療はマウスピースを1〜2週間に1度、交換して行く事により、歯を徐々に動かしていきます。またワイヤーを使用しない為、見た目は装着しているのがほとんどわかりません。また、自宅で治療を進めて行く事ができることから、1.5~3ヶ月の間隔の通院で治療が可能になります。

最近では、美容や健康の面から新たな矯正装置として注目されており、世界の多くの人たちがスターアラインによる矯正治療を選択しています。

スターアラインのメリット

透明なので目立たない

マウスピース矯正・スターアライン従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正とは違い、スターアラインは薄く透明ですので、歯に装着しても目立ちにくいのが大きな特長です。

人前に出るお仕事をされている方でも、気軽に治療にチャレンジできます。

歯の移動量が大きい

マウスピース矯正は歯だけでなく、その周りの歯肉もマウスピースで覆った状態での移動が重要になります。スターアラインはソフトタイプが0.5mm、ハードタイプが0.75mmと、他の矯正マウスピースに比べて薄く、さらに優れた弾力性と保持力があるため、移動量が大きく短期間で治療が終了します。

正確な治療方法

3ヶ月(4ステップ)ごとに歯型を取って製作することにより、シミュレーションデータ上での移動量と実際の患者様が装着した時の移動量との誤差を4ステップごとに調整して、より正確な矯正を行います。1度の型取りで全てのマウスピースをつくる従来のマウスピース矯正の欠点を改善し、高い精度のマウスピース矯正を実現しています。また、デジタル処理を施し、3Dプリンターを利用してマウスピースを製作するため、従来の技工士の手作業でのマウスピース矯正と比較し、信頼性を格段に増しています。

痛みが少ない

ワイヤーを使用しないため、マウスピースが口の粘膜や舌に当たる際の痛みが少なく、それによる口内炎を起こすこともほとんどありません。新しいマウスピースに交換した直後はしめつけられるような感覚がありますが、数分から数時間で消えます。

取り外しが可能なので衛生的

マウスピースは取り外し可能なので、歯みがきも普段どおりに行えます。従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正のように歯との間に歯石が付着することがないので、矯正中も口腔内を清潔に保てます。

洗浄が簡単

マウスピースは取り外しが可能なので、簡単に洗浄ができます。常温の流水下にて、歯ブラシ等で洗浄してください。

スポーツが可能

マウスピースは取り外しが可能なので、激しいスポーツも可能です。バスケットボールやテニス、野球などの球技や、格闘技もできます。

金属アレルギーによる悩みも解消

マウスピースは特殊強化プラスチックでできているため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。

食生活にも支障がない

食事の際はマウスピースを外すため、従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正のように食事のたびに食べ物が矯正器具に絡みつくわずらわしさがありません。 食事の仕方に制限がない為、矯正をはじめる前と同じような食生活が可能です。

※過度に硬い食べ物(スルメ、かたい肉、かたい果物、キャラメル、飴など)は避けてください。

日常会話にほとんど問題がない

なめらかなマウスピースなので従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正のように厚みや凹凸がなく、日常会話にほとんど支障がありません。接客業務などのお仕事をされている方も気軽に矯正を始める事ができます。

通院回数が少ない

従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正と比べて通院回数が少ないため、お忙しい方や遠方からの通院の方も安心です。

幅広い症状や年齢層に対応

治療前にコンピュータによる3Dシミュレーションを使用しますので、より確実な治療が可能です。スターアラインでは、従来のマウスピース矯正では治療が困難であった、歯並びが複雑なケースでも治療が可能になりました。また、スターアラインは、年齢を選びません。お子様、学生から、50代、60代まで、幅広い年齢層で治療が可能です。

当院のマウスピース矯正治療

当院の歯科矯正治療は、認定医の資格を持つ矯正専門医が担当させて頂きますので、安心して矯正治療を受けて頂けます。

スターアライン・マウスピース矯正治療の流れ

スターアラインは、カウンセリング・レントゲン撮影・歯型をもとに3Dデジタルシミレーションを行い、最適で最短の治療プランをご提案致します。治療中は装着時間を守り、ステップごとにに新しいマウスピースに交換して行く事により、あなたの望む笑顔に近づいていきます。

マウスピース矯正治療は、次の手順で進められます。

  1. 矯正相談
    患者様のお悩みやご希望をお伺いし、歯並びや噛み合わせのカウンセリングをおこないます。
  2. 治療の準備
    カウンセリングの結果、歯科医師が矯正治療が必要と判断した場合、歯型をとり、写真とレントゲンを撮影します。 その後、カウンセリングデータと歯型、指定された画像ファイル(写真、レントゲン写真など)、および、指定の様式の診断依頼書をテクノハに送ります。
  3. トリートメントプランデータの作成
    テクノハでは、歯科医院から送られてきた歯型を3Dデジタル処理、シミュレーション用専用アプリケーションを使用しトリートメントプランデータを作成し、歯科医院に送ります。
  4. トリートメントプランの患者様への説明と同意
    歯科医師は、トリートメントプランデータをもとに、必要な処置や治療期間、費用を患者様にご説明し、同意をいただきます。 ※状態によっては他の矯正治療と組み合わせて治療を行う場合もあります。
  5. スターアラインの製作
    歯科医師は、治療計画に対して患者様の同意を頂いた後、テクノハにスターアラインの製作依頼をします。 テクノハでは、ドイツショイデンタル社の高品質の特殊強化プラスチックを用い、そして最先端デジタル処理技術によりスターアラインを製作します。 納品は発注を頂いてから7~10日程度で完成し、歯科医院に発送します。
  6. マウスピースの装着
    完成したマウスピースを患者様にお渡しし、使用方法と注意事項の説明をおこないます。 原則として、歯科医師より推奨された装着時間を守り、ステップ毎に新しいマウスピースに交換して行くことにより、歯を徐々に動かしていきます。
  7. 治療計画の修正
    マウスピース装着後は、ステップ1終了後、およびステップ4終了後に患者様に来院していただき診断をします。 ステップ4終了後には、歯型をとりテクノハに送ります。 テクノハでは、歯型をもとにステップ4までの歯の移動を計測し、順調に進んでいれば次のステップを制作します。 診断により歯がトリートメントプランどおり動いていないことが確認された場合、あらためてトリートメントプランを作成しなおします。
  8. リテーナーの装着
    全ステップ終了後、患者様は矯正した歯の後戻りを防ぐため、歯並びが安定するまでの一定期間リテーナーを装着します。

マウスピース矯正治療例

【症例1:正中離開のケース】

【治療前】

前歯の中央部に隙間があります。治療前

【治療後】

治療期間 約3か月。前歯の隙間がなくなりました。治療後

マウスピース矯正の治療期間

治療期間は、患者様の歯の状態により異なります。軽度の不正な歯並びであれば、数ヶ月で済む事もありますし、長くなると2 年位の期間を要する事もあります。自宅で治療を進めて行きますので、通院は 1.5~3ヶ月の間隔になります。

よくある質問Q&A

Q1. 誰でも治療を受けられるの?
スターアラインでは、従来のマウスピース矯正では治療が困難であった歯並びが複雑なケースでも治療が可能です。症例によってはワイヤーなどの補助的な器具が必要になります。成人の患者様はもちろん、混合歯列期の患者様にも使う事ができます。
※混合歯列期は個人差もありますが、6才〜13才位までです。
Q2. 1日どのくらい装着するの?
睡眠時間を含め、18時間以上装着してください。装着時間が不十分な場合は、治療期間が延びたり、治療計画との誤差がでてくる可能性があります。
Q3. マウスピースは目立つの?
マウスピースは厚さ約0.75mm以下の特殊強化プラスチックで作られています。こちらから言わない限り、気づかれる事はほとんどありません。
Q4. 痛みはあるの?
従来の矯正治療よりも痛みや不快感が少ないです。痛みの感覚に個人差はありますが、2~3日でやわらいでくる場合がほとんどです。
Q5. マウスピースを装着してもこれまで通り話せるの?
ほとんどの方がマウスピースを装着した当日から、日常生活で支障なく会話をすることができます。患者様によっては、マウスピースを装着して最初の数日間は、舌足らずな発音になる事があります。
Q6. 普段通りの食事はできるの?
食事の際はマウスピースを外して、普段と同じ食事ができます。また従来の矯正器具のように食事のたびに食べ物が矯正器具に絡みつくわずらわしさがありません。

※過度に硬い食べ物(スルメ、かたい肉、かたい果物、キャラメル、飴など)は避けてください。
※マウスピースを付けたまま食事をしたり、40℃以上の熱い飲み物を飲むとマウスピースが変形する可能性があります。
※食事後は、歯みがきをし、マウスピースを水洗いしてから装着してください。

Q7. 治療期間はどれくらいかかるの?
治療期間は、患者様の歯の状態により異なります。軽度の不正な歯並びであれば、数ヶ月で済む事もありますし、症状によっては1年位の期間を要する事もあります。
Q8. 治療費用はどれくらいかかるの?
従来のブラケットやワイヤーを使用した矯正や、他のマウスピース矯正に比べると比較的お安くなりますが、症例によって異なります。詳しくは担当の歯科医師にご相談ください。
Q9. 虫歯がある人はどうするの?
通常、重度の虫歯がある患者様は、虫歯を治療してからスターアラインの治療を開始してください。

なお当院では、小児の体に優しく、痛くない、虫歯にならない機能的歯列矯正装置ビムラーによる矯正歯科治療も行っております。

詳しくはこちらから ⇒ 子供の歯並び、矯正歯科

ページトップへ